育毛剤の選び方!体質に合った育毛剤を使用することが薄毛改善の近道

育毛剤は自分の体質や薄毛の原因を考えることが選び方の基本です。

遺伝性の場合にはホルモンの増加が先天的に大きな原因となっている可能性が少なくありません。

そこで、ホルモン抑制効果を期待できるものを使用することを踏まえておくことが、薄毛対策に最適だといわれています。

薄毛の体質

育毛剤で期待できる効果

育毛剤の中でも比較的有名なのは、リアップやブブカ、ナノインパクトなどが挙げられます。各育毛剤はそれぞれ配合されている成分が異なるのであなたの薄毛の状態に適した商品を選択することが大切です。

男性ホルモンの抑制効果を期待できる育毛剤は、女性ホルモンに類似した成分が使用されていることが多いです。

育毛剤を利用することで体内の男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを上手に取れる効果が期待できます。

特に男性ホルモンの一種であるテストテロンが酵素の働きによってジヒドロテストステロンに変化してしまうと、毛を生やすのに必要な細胞の増殖が抑えられてしまうので薄毛対策をしなければなりません。

男性ホルモンの抑制効果を期待できるものを選ぶことで、酵素の働きを抑制しテストテロン増殖の抑制効果を期待できます。

血流を活性化して育毛を促進する

育毛剤の選び方の一つに血行促進効果を期待する商品を選択することもおすすめです。

毛細血管を拡張させ、定期的に血液の流れを促進することによって毛を生やすのに必要な細胞の増殖が期待できます。

しかし、血液の流れがストレスや喫煙、頭皮に汗をかきがちな環境、そして運動不足など、多数の環境による原因で滞りがちになり、必要な細胞の増殖が難しくなってしまいます。

ミノキシジルやセンブリエキスなど血行を良くする働きが期待できる育毛剤を使用することで、血流の活性化が期待できるのです。

頭皮にまでしっかりと血液を届けることができる期待が高く、薄毛解消につながる可能性が高まります。

髪の毛の成長に欠かせない栄養を補給する

それ以外にも原因があるので、育毛剤の選び方は慎重に行わなければなりません。

薄毛解消に必要といえる細胞の増殖が一番大切なことですが、ストレスや加齢など様々な要因によって頭皮環境が悪化し、増殖しづらくなってしまう場合も少なくありません。

そのため、栄養補給や細胞の活性化を期待するタイプがあります。栄養補給によってストレスや偏食などによる栄養不足を解消することや、細胞の増殖を期待できるといわれています。

また、刺激を与えて活性化させることによって、更に毛髪を生やすチャンスを高めることも期待されているのです。

毎日継続して育毛剤を使用しよう

利用する際には自分の生活習慣を鑑みて、正しい生活習慣になるようにすること、また、育毛剤を自分の生活習慣や体質、原因から選んで毎日使うことが重要といえます。

洗髪や睡眠時間など、正しい方法を実践することで、時間はかかりますが細胞の活性化につながるといわれているのです。

どうしても気になる場合には、専門の医療機関で確認して原因を知ることが重要といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です