種類が多すぎる・・・スカルプシャンプーはどれを選べばいいの?

頭皮ケアを適切に行う際に注目を集めているのがスカルプシャンプーです。

実際に色々調べてみるとよく分かると思いますが、多種多様なスカルプシャンプーが販売されています。

調べれば調べるほど、どの商品を購入すればよいのか迷ってしまうと思います・・・(汗)

そこで今回はスカルプシャンプーの種類に焦点を当てて、それぞれの特徴を解説していこうと思います。

スカルプシャンプーの選び方

アミノ酸系シャンプー

スカルプシャンプーの中で主流になっているのがアミノ酸系ですね。人気のあるスカルプシャンプーの大半がこのアミノ酸系に分類されます。

アミノ酸系シャンプーの成分に関しては下記のサイトで詳しく解説されています。

このように、アミノ酸系は頭皮に必要な皮脂をキープしながら余分な皮脂を洗い流してくれます。

初めてスカルプシャンプーを使用する場合は、とりあえずアミノ酸系を選べば問題ありませんね(笑)

また、アミノ酸系の場合は皮脂が十分に残っているのでリンスやトリートメントをする必要がありません。

シャンプーだけでオッケーなので、少々高いスカルプシャンプーを購入してもトータルでみると経済的な負担はそれほど大きくならないというメリットもあります。

石けん系

その他には石けん系のスカルプシャンプーも存在します。

その名のとおり、石けんが主成分になっている商品です。石けんはアルカリ性なので、弱酸性の頭皮を洗浄するのにぴったりの成分です。

他の種類のスカルプシャンプーと比較して洗浄力が高いという特徴があります。

原料に関しては天然素材を使用されているケースが多いです。そのためアレルギーがある場合などでも安心して使用することができます。

また、環境汚染の心配がなく、地球環境に関心の高い方々からも好まれています。

石けん系スカルプシャンプーのデメリットとしては、髪の毛がごわつくことが多いことです。この点に関してはシリコン成分が入っていないので仕方が無いかもしれませんね・・・。

その他には洗髪後に石けんカスが頭皮や毛穴に残ってしまう恐れがあります。頭皮に石けんカスが残っているとフケや痒みが発生することがあるので、しっかりとすすぎをすることを心がけて下さい。

高級アルコール系

シャンプーの中には高級アルコール系の商品も販売されています。

高級アルコールという言葉はあまり馴染みがないと思いますが、普段使用しているボディソープやシャンプーに含まれている成分の一つです。

一番洗浄力が強いという特徴がありますが、頭皮や肌に刺激があり、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうため、スカルプシャンプーとしてはあまり人気がありません。

但し、実際には他のスカルプシャンプーよりも販売価格がリーズナブルだという点で利用者が多いです。

あまり頭皮ケアに関心のない方々が購入している傾向があります。

しかし、最近では低刺激の高級アルコール系のシャンプーも登場してきています。

まとめ

このようにスカルプシャンプーは大きく3つの種類の分類することができます。

中でもおすすめなのはやはりアミノ酸系ですね。

人気のあるアミノ酸系シャンプーとしてはプレミアムブラックシャンプーやharu黒髪スカルプ・プロ、ウーマシャンプーなどが挙げられます。

もちろんスカルプシャンプーだけでは髪の毛は生えてきませんが、薄毛を予防したり育毛剤の浸透を高めたい場合に有効です。

あなたもぜひスカルプシャンプーで頭皮ケアを始めて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です