性欲が強いとハゲるの?性欲と薄毛の関係を詳しく解説

まず「性欲が強いということは男性ホルモンの分泌量が多い」ということです。男性ホルモンは筋肉を増強させ、体毛の生成を促し、性欲を向上させる働きがあります。

性行為で男性器を勃起させるためには男性ホルモンの力が不可欠となります。ED(勃起不全)といわれる男性機能の低下は、何かしらの理由で男性ホルモンの分泌量が低下していることが関係しています。

性欲

薄毛のタイプ

男性ホルモンは体のさまざまな部分に存在しており、頭部の頭皮の近くにも存在しています。

特に頭頂部とおでこの生え際は、男性ホルモンの分泌が多い部位となります。

そして、男性型脱毛症(AGA)は、頭頂部からはげるタイプと、おでこの両側のこめかみ部分からはげる、いわゆるM字型ハゲのタイプとに大別されます。

一度薄毛が進行してしまった場合は時間の経過と共にどんどん進行していきます。薄毛の進行を食い止めたいなら、適切な処置を施すことが大切です。

AGA専門クリニックでは、5αリダクターゼという還元酵素を抑制させる『プロペシア』という内服薬を処方してもらえます。

また、国内でも薄毛や抜け毛に有効な育毛剤も販売されています。

性欲が強いとハゲるの?

もともと体の中にある男性ホルモン「テストステロン」だけでは、薄毛になることはありません。

そのテストステロンが還元酵素5αリダクターゼと結合することによって、ジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変化するために、薄毛となってしまいます。

ゆえに性欲が強いと男性ホルモンは多いのですが、「男性ホルモンが多いとハゲる」というのは、厳密に言うとダイレクトには関係していません。

薄毛になるメカニズム

テストステロンを薄毛の原因となる男性ホルモンDHTへと変えてしまう還元酵素5αリダクターゼは、もともと男性の体内に存在している物質です。

30代後半~40代の中高年になると、その量が増加してしまいます。そして、テストステロンと結びついて、薄毛を引き起こすというわけです。

還元酵素5αリダクターゼを増加させてしまう要因は、遺伝や日々のストレス、睡眠不足、生活習慣の乱れ、喫煙、過度の飲酒、食生活の乱れなどが関係しています。

前述しましたように、AGA専門クリニックで処方される5αリダクターゼの結合を阻害させるプロペシアなどの服用と併せて、AGAを進行させないためには、日々の生活習慣を見直すということも行なわなければいけません。

ジヒドロテストステロン(DHT)に変化した男性ホルモンは、髪の毛の発毛や成長を阻害します。

その結果、薄毛の症状が進行してしまいます。

男性の性欲に関係するテストステロンの副産物であるDHTが薄毛に関係していることから、性欲と薄毛が関連付けていわれるというわけです。

薄毛の進行を抑えるためにはジヒドロテストステロンに変化をさせないようにすることが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です