まずは食生活を見直そう!食生活を工夫することで薄毛が改善できます

髪の毛は、成長期・毛根の退化期・脱毛などのヘアサイクルによって、丈夫な髪が生えてくる一定のサイクルを繰り返しているのが特徴です。

ですが、様々な原因によってヘアサイクルが乱れてしまうことにより、十分に成長していない段階でも髪の毛が抜け落ちてしまい、毛根が育たないなど、薄毛に繋がる状態に陥りやすくなります。

ヘアサイクルが乱れてしまう要因となるのが生活習慣であり、現代人に多く見受けられる偏った食生活によって、健康的な頭皮環境を維持する為の栄養素が足りなくなります。

食生活

さらに血液の循環が悪くなるなどの新陳代謝が正常に機能しないなども薄毛トラブルに影響されている内容です。

栄養素のみならず、ストレスや睡眠不足などに深く関与する自律神経のバランスが崩れることや、女性ホルモンよりも男性ホルモンが増加するホルモンの影響も薄毛の原因に挙げられています。

食生活から抜け毛や薄毛を改善する

抜け毛や薄毛改善のためには、男女共に意識できる食生活からの改善が期待できます。ポイントとなるのが、髪の成長を促す栄養素と、抜け毛を予防する栄養素を上手く取り入れることが挙げられています。

薄毛改善となる毛髪の成長には、ビタミン・ミネラル・亜鉛などを含む食材を摂取することが必要で、緑黄色野菜や果物に多く含まれているビタミンをはじめ、海藻類には毛髪の色素に作用するミネラルが含まれ、レバーには亜鉛が多く含まれています。

脂っこい食事を控えよう

さらに髪の毛を育むだけではなく、予防することも重要視したい内容です。

抜け毛と皮脂の分泌量は深く関与しており、皮脂が毛穴に詰まることによって頭皮環境が悪くなり、例えば、育毛剤を使用しても浸透しにくい難点が挙げられています。

皮脂の分泌を抑えることも改善策として適しており、特に脂っこい食生活を避けることは重要です。

育毛に効果のある食事

髪を構成するのがたんぱく質であるため、通常は肉類を中心に摂取しがちですが、脂肪分も多いために、動物系よりも植物系たんぱく質を積極的に摂取するのもポイントです。

例えば、ホルモンバランスにも直結する豆腐や納豆などの大豆製品は取り入れやすい栄養素です。

ゴマも髪の栄養を補給させるサポート食材です。薄毛改善には健康的な頭皮環境を維持させることが大切で、土壌を安定させ栄養のバランスを考えた食事に切り替えることで効果的に抜け毛や薄毛改善に期待が持てます。

唐辛子などの刺激物はなるべく控え、生姜やネギなどの辛味成分を摂取することにより、血行が促進され、血液循環が改善されるため、固くなった頭皮が柔らかくなり、髪が育まれやすくなります。

もちろん、食事内容によっては汗をかきやすく、皮脂などが詰まりやすくなるため、頭皮を洗うなどのヘアケアも同時に行うことは効果を期待するためにも重要です。

ぜひあなたも今回紹介した情報を参考にして、髪の毛に良い栄養をしっかり摂取して、抜け毛や薄毛を予防して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です