男性型脱毛症の特徴を知って有効な対策を施そう

男性型脱毛症(AGA)とはその名の通りに脱毛症の一種で、男性に多く発生する脱毛症として知られています。

なぜ男性に多く発生するのかというと、発生原因に男性ホルモンが関わっているという特徴があるためです。

男性型脱毛症

抜け毛・薄毛の仕組み

男性ホルモンの中には様々な成分が含まれているのですが、その中に『ジヒドロテストステロン』という成分があります。

このジヒドロテストステロンが毛根にある男性ホルモン受容体と結合すると、正常なヘアサイクルを乱してしまいます。

ヘアサイクルとは髪が生えて成長し、やがては抜けるという一連の流れの事を言います。

この流れが乱れる事によって髪の毛が抜けるタイミングが早くなり、結果として脱毛症状が現われてしまうのです。

男性型脱毛症の症状

男性型脱毛症の症状の特徴についてですが、抜け毛の進行が前髪の生え際から発生するケースが多い事が挙げられます。

前髪の生え際が徐々に薄くなり、やがてはM字ハゲと呼ばれる剃り込みをしたような状態になっていきます。

ただ全ての人がこのような脱毛の仕方をするわけではなく、中には頭頂部から脱毛が始まったりする人もいます。

ちなみに男性型脱毛症はもう一つ特徴があるのですが、それは症状が少しずつ進行していくという点です。

そのため適切な治療を続けずに放置を続けると脱毛範囲が拡大してしまうので、早めに治療や対策を講じる事が大切だと言えます。

男性型脱毛症の治療

男性型脱毛症の治療については市販の育毛剤等もありますが、出来れば専門病院で治療するのが望ましいです。

専門病院ならば詳しい検査を行って、患者それぞに合った治療方法を施してもらえます。

病院で行なわれる治療方法としては薬物療法が一般的で、ジヒドロテストステロンの働きを抑制する薬等が処方されます。

治療を開始してからどの程度で効果が現われてくるかには個人差があるため、焦らずに治療を続ける事が大切です。

生活習慣や食生活の改善も有効です

薬物療法以外の効果的な対処方法については、生活習慣や食生活の改善、メンタルケア等が挙げられます。

特にストレスの蓄積や喫煙等は血管を収縮させる作用があり、これによって毛根に栄養が届かなくなる可能性があります。

健康な髪の毛を作る上で充分な栄養は欠かす事が出来ないので、喫煙やストレスの蓄積は早急に対処する事が大切です。

女性の抜け毛にも影響します

ちなみに、この脱毛症は男性型と名前に付いていますが、女性の脱毛にも影響を及ぼしてしまうケースもあります。

女性は妊娠・出産の機会が減少する40代後半~50代くらいから、自然と女性ホルモンの分泌量の低下が始まります。

もともと女性の体内でも男性ホルモンは分泌されているので、女性ホルモンの分泌が減ると男性ホルモンが優位になる場合があります。

こうなると男性ホルモンが髪の毛根に作用して、脱毛症に影響を与える事があるのです。

ちなみに女性が男性ホルモンの影響で脱毛すると、頭頂部から脱毛が始まる事が多いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です